HOME>注目記事>プリントのミスが少ないサービスを利用する

用紙の種類を指定する

印刷機

誰が見ても魅力的だと思えるような広告を作り上げるために、印刷を神奈川の企業に依頼しようか迷っている時には、用紙の選び方までサポートしてくれる企業を頼ってください。現在では高級な用紙がフライヤーやチラシに使われる事も増えており、ツヤが目立ちやすいために高級感があって、印刷されている商品も魅力的に見えると話題になっています。高級な用紙を選ぶメリットなども理解できた後に、発注する枚数による料金の変化などの見積もりを済ませてから、印刷を依頼する事で出費を抑える事も可能です。100部ではなく1000部ほどの発注を出す事によって、出費を1割から2割ほど抑えられる場合もあるので、見積もりの内容を最初によく確認する事が重要だと考えてください。

チラシを作る際の料金の差

チラシの作成にかかるコストは用紙のサイズによって大きく違い、神奈川の企業にA3サイズのチラシの印刷を依頼した際の料金は、両面カラーで100部につき3600円から4600円ほどが相場です。光沢紙と普通紙では印刷にかかる料金が大きく変わらない場合もあるので、用紙の選び方次第で予算が足りないか心配せずに、好みに合わせて用紙を選べます。A3サイズのチラシを1000部ほど発注する事で、1部あたりのコストが12円から14円ほどに下がる事もあり、お得さを感じながらチラシを作れると好評です。

高級光沢紙の費用

通常の光沢紙と高級光沢紙では料金に違いがあり、神奈川の企業なら高級光沢紙のA3サイズの両面カラー印刷であれば、100部の印刷を3万5000円から4万5000円で済ませる事が可能です。受付日から何日後に届けてもらうのか次第で料金も変化して、4営業日以内にチラシを届けてもらう際にかかる費用は4万5000円ほどで、6営業日後であれば3万5000円ほどに抑える事もできます。急いでチラシを作る必要が無いのであれば、6営業日ほどの時間をかけて好みのデザインのチラシを作り上げてください。

広告募集中